地方風俗情報

2013年10月01日 06時00分 公開

90㎝オーバーの地元の巨乳妻は騎乗位で昇天!

90㎝オーバーの地元の巨乳妻は騎乗位で昇天!

90㎝オーバーの地元の巨乳妻は騎乗位で昇天!

八戸(青森)/本サロ/藍さん(35)

広大な海原と波が打ち寄せる海岸線。車窓に目をやる乗客たちの思いはサマザマだろうが、いまは穏やかな海に感謝しつつ、復活した三陸海岸の旅を楽しんでいる。
そんな乗客の一人であるアタシは独り酒を飲んでいた。カップ酒を窓際に置き、バッグの中から弁当の包みを取り出す。
いま、朝の連続ドラマ『あまちゃん』で話題の久慈の町。その玄関口・久慈駅で購入した名物のウニ弁当である。蓋を開けた。
"じぇじぇじぇ"
一面ウニ、ウニの絨毯に箸を突っ込み、がっつり頬張ると、口中に甘さが広がる。うまい。特に、ウニを絞ったエキスを加えて炊き上げたご飯が格別だ。
こうして、三陸海岸の景色と名物を味わうこと1時間40分弱。JR八戸線の電車は本八戸駅に着いた。
三日町、六日町、十三日町、十六日町……。漢数字の町名が目立つ八戸の中心街を久しぶりに歩く。
海の幸を味わいたくて、1軒の海鮮料理の店に入り、生ビールとアレを注文した。
「大阪の方なんですか。まあ、珍しい。関西の方って、これだけは口に合わんて嫌がるのに、ホントに珍しいですねえ」
アレとはホヤの酢の物。ワカメなどと一緒に、ホヤの黄色い身がごっそりと器の中に収まっていた。
「ビールとホヤは、すごく相性がいいんだよねえ」
初めて八戸を訪ねたときに、タクシーの運転手にそう教えてもらった。以来、ホヤの酢の物はアタシの好物になった。
食感は理解不能のフニャフニャだが、濃厚な潮の香りが凝縮された風味が、なんともいえず魅力的だ。
すっかり出来上がったところで、街に出た。
"人恋しいねえ"
胸の中のモヤモヤを解消できるときが来たのだ。
八戸といえば、最後までの遊びができるサロン店が何軒もある。だが、あのお手軽な敷き布団でいたすのは、いまはイヤだ。浴室とベッドのあるホテルで、女性の温もりをじっくり感じたい。
ホテルに入り、デリヘルを利用することにした。八戸のデリは20歳前後のギャル専門店が人気だが、今宵は、女性の匂いがムンムンする熟女とヤリたい。それも地元の女性と……。
「お待ちどおさま」
リクエストしたとおり、グラマーな熟女がやって来た。地元の人妻だ。名前は藍さん、35歳。
「あっはああー。いいー、もっと、もっと吸ってえ」
90㎝を超える巨大なオッパイに、アタシは吸いついた。すると、まるで赤ん坊をあやすように、彼女はアタシの頭を何度も撫でた。
「さ、今度は私の番ね」
大の字に寝かされたアタシの股間に顔を埋め、藍さんは愚息をジュボジュボと音を立てて吸ってくれた。
その流れのまま、騎乗位になると、めくるめく快感の嵐に2人は酔った。

  • 90㎝オーバーの地元の巨乳妻は騎乗位で昇天!

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号