大衆ヴィーナスWEBサイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

桃色コラム

2018年04月05日 11時00分 公開

世代別でこんなに違う!「感じる」挿入の作法vol.5

世代別でこんなに違う!「感じる」挿入の作法vol.5

世代別でこんなに違う!「感じる」挿入の作法vol.5

〈挿入中に言葉はいらない〉と答えた女性はけっこう多いが、これは男性の側に問題があるようだ。「愛撫にしても、あんまり“これ、いい?”とか聞かれると、なんかうざいし……気が散るんですよね」(ゆずきさん= 29歳・美容師)

 各年代で支持される“枕言葉”は〈優しい言葉〉だった。「愛している。君が感じている顔って、すごくカワイイよ」 こんな言葉だ。

 30代、40代は〈イヤラしい言葉〉に感じる女性が増える。「ビチョビチョって、すごくイヤラしい音がするね。こんなに濡れてぇ……したかったの?」

 卑猥(ひわい)な言葉を口に出させるのもいいようだ。「ほら、“オチ○コ欲しかったの”と言ってごらん。言わないと抜いちゃうよ」

 女性は、普段、口にできない言葉を口にすることで一層、燃える。ただし、「この肉便器め。いったい何人の男とやったんだ」といった言葉はタブーだ。

 女性の感度を高めるのが、男の快感を伝える言葉だ。「ああ、チ○チンがとろけそうだ」

 こんな言葉で、女性のほうも盛り上がる。これは「私なんかでいいのかしら」と内心、不安に思っている40代女性に特に効くという。

  • 世代別でこんなに違う!「感じる」挿入の作法vol.5

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号