レイプ裁判

2014年01月13日 10時00分 公開

ポイントカードのデータを悪用好みの美女を強姦した下着ドロ vol.01

ポイントカードのデータを悪用好みの美女を強姦した下着ドロ vol.01

ポイントカードのデータを悪用好みの美女を強姦した下着ドロ vol.01

法廷で暴かれた赤裸々現場

事件調書

被害者 :犯人の働く店の常連女性客
犯行手口:ポイントカードのデータを悪用
犯行現場:被害者の住む部屋
犯人  :刑期を終えた下着泥棒の常習犯

法廷に立った小柄で温厚そうな印象の年輩男は、長年にわたって若い女性たちの下着を盗み続けた、下着泥棒の常習犯だった。

だが、服役中に同房だったレイプ犯から強姦の体験談を聞いたことが、この男を変えた。

出所後、男はドラッグストアで働き始めたが、店にやってくる若い女性客を徹底マークし、ついに強姦犯行を遂げたのだ。
※※
大門孝治(55)が下着ドロに手を染めるようになったのは、30代に入ってからだった。
20代の頃は、何人かの女性とつき合ったし、セックスフレンドに近い女性もいた。

だが、関係を持ったのはすべて不細工な年増女ばかり。
若くて可愛らしい女性とセックスをしたかったが、そんな女性が振り向いてくれることはなかった。
大門は次第に自分を抑えられなくなった。
"一度でいいから好みの可愛い女とヤリてえ"
そんな願望が屈折した結果、大門は好みの女性を尾行して、その女性の下着を盗み出すようになった。

下着を盗むと、その匂いを嗅ぎながら持ち主とのセックスを妄想してオナニーに耽った。

それは、これまで体験したどんなセックスよりも興奮した。
すっかり下着泥棒にのめり込み、気づけばそれが、最大の生きがいになっていた。

だが、下着ドロがすっかり習慣化した頃、ついに警察に逮捕されてしまう。
初犯だったため執行猶予がついたが、それでもやめられず、数年後、二度目の逮捕。

服役することになった。
刑務所に入ると、同房にレイプの常習犯がいた。
その男は自慢げに体験談を話すのだが、その話が、大門の黒い欲望に火をつけてしまう。

"一度きりの人生だ。もう、前科持ちだし、悔いを残さず、レイプの味を知ってみたい……"

シャバに戻ると、大門は胸の内に邪悪な願望を抱えながらも、ハローワークで紹介されたドラッグストアで働き始めた。
店には若い女性がよく訪れ、男の欲望をさらに"掻きたてるのに十分だった。

01月14日公開のvol.02へ続く・・・。

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号