キャッチアップ

レイプ裁判

2014年01月15日 10時00分 公開

ポイントカードのデータを悪用好みの美女を強姦した下着ドロ vol.03

ポイントカードのデータを悪用好みの美女を強姦した下着ドロ vol.03

ポイントカードのデータを悪用好みの美女を強姦した下着ドロ vol.03

首をベルトで締め上げていく

1週間後――。
"クソ! 今度こそ絶対に失敗するもんか"

大門は、今度は大学院生の宮村彩香さん(23)に狙いを定めて、彼女の住むマンションへと向かった。
前回同様、下調べはしていたので、侵入は容易だった。

彼女が住んでいるのは1階だったが、ベランダの窓の鍵をしていなかったのだ。
塀をよじ登ってベランダに侵入。
部屋に入ると、彼女はベッドの上で穏やかな寝顔を浮かべていた。

大門は前回の反省を活かし、いきなり彼女の体に馬乗りになって首を絞めた。
だが、彩香さんは手を振りほどこうと暴れ、大門を突き飛ばした。

一瞬、大門はうろたえたが、立ち直って彼女に再び躍りかかる。
首に手を回すと、今度は彼女が腕に思い切り咬みついてきた。

カッとなった大門はズボンのベルトを外し、それを彼女の首に巻きつけて絞り上げた。
「このまま絞め殺してやってもいいんだ!」
さすがに彩香さんも諦めて、抵抗をやめた。

そこで男は、ベルトを彼女の首に巻いたまま全裸にさせた。
顔に似合わぬ豊満な胸だった。

大門は乳房を荒々しく揉みまくり、むさぼるように吸った。
乳房の凌辱に飽きると、傍らにあった化粧品の瓶の中身を彩香さんの陰部に塗りたくった。
それは、服役中に同房のレイプ犯から教わった方法だった。
指を出し入れして膣口を開くと、最高度に怒張したペニスをニュッと突き入れて、ググッと肉襞の奥まで進めた。
念願の強姦に大門は激しく興奮し、獣欲の赴くまま激しく腰を振った。

そして、最後は膣内に大量の精液を解き放った。
逮捕のきっかけになったのは、最初の被害者、美玲さんの記憶だった。
店で大門を見て、声や体つきが自分を襲った犯人に似ていると感づいたのだ。

事情聴取を受けることになった大門は、唾液を採取された。
DNA鑑定の結果、レイプした彩香さんの体内の精液と一致して逮捕。
のちに法廷へ。

卑劣な男への厳刑は、確実である。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号