レイプ裁判

2014年02月05日 10時00分 公開

下着泥棒が住人にバレて豹変口止めで美女を強姦した鬼畜 vol.03

下着泥棒が住人にバレて豹変口止めで美女を強姦した鬼畜 vol.03

下着泥棒が住人にバレて豹変口止めで美女を強姦した鬼畜 vol.03

乱暴したけど君のことが好き

男は佳菜さんに言い放った。
「オレは、ある人物に復讐を頼まれて来たんだ!」
もちろん出まかせだが、彼女はすっかり脅えて布団の下でおとなしくなった。

それをいいことに、男は彼女のスウェットとパンティを一気に脱がせると、両脚をこじ開けて股間に顔を埋める。
指でワレメを開き、執拗に舌を這わせた。

膣口周りが唾液まみれになるまで舐めまわすと、今度は掛け布団の中に潜り込み、佳菜さんのTシャツを脱がせた。

そして、豊満な乳房を揉みながら舐めていく。
イチモツはすでに激しく反応していた。

痛いほど勃起したペニスを、強引に膣口にメリ込ませていく。

「い、痛い!痛いっ」
苦痛を訴える彼女を無視して、無我夢中で根元まで埋め込んでいった。

ペニスが肉襞にすっぽりと包まれると、飯島は充足感に浸った。
身勝手な話だが、孤独にもがき苦しみ、いらだっていた自分が嘘のように消え去っていた。

飯島は獣欲の赴くまま一心不乱に腰を振り続けた。
そして、最後は佳菜さんの膣内に白濁液を解き放った。

彼女は放心状態に陥り、身動きひとつしなかった。

次第に興奮が冷めてきた飯島は、そんな彼女の様子が心配になった。

「大丈夫? ご、ごめん」
神妙な態度で詫びの言葉を告げたが、彼女は無反応だった。

"そりゃそうだよな。いきなり襲われたんだし、いまはそっとしておくしかないか……"

飯島はそう思い、テーブルに置かれた彼女の携帯電話を手に取ると、番号を調べて書き写して部屋から立ち去った。

1週間後の午後、飯島は非通知で彼女の携帯電話に電話をかけた。
「乱暴しといてなんだけど、オレ、君のことが好きなんだ。また会えないかな?」

その日の晩、彼女は飯島が指定したターミナル駅前に現れた。

飯島がバツの悪そうな顔で彼女に声をかける。
すると、周囲から捜査員たちが飛び出してきて男を取り囲んだ。

飯島はその場で逮捕。
そして、法廷へ。

法廷で男は「自分の心の弱さに負けてしまいました……」と後悔を口にしたが、厳刑はほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号