キャッチアップ

レイプ裁判

2014年02月11日 10時00分 公開

美人看護師を2度にわたり強姦顔射や精飲も強要した鬼畜男!vol.02

美人看護師を2度にわたり強姦顔射や精飲も強要した鬼畜男!vol.02

美人看護師を2度にわたり強姦顔射や精飲も強要した鬼畜男!vol.02

どっちの穴にブチ込もうかな

沙希さんが部屋に入って30分後、宇治は試しに彼女の部屋のドアノブを静かに回した。
すると、クルリと動くではないか。

"このチャンスを逃してなるものか……"
そう決心すると、いったん引き返し、深夜営業の量販店で目出し帽子と結束バンドを買い求めた。

準備を終えて戻ってくると、ちょうど部屋の明かりが消えており、沙希さんは眠りについたようだった。
目出し帽を被ると、慎重に部屋の中へと侵入。
玄関脇の台所に置いてある包丁を手に取り、忍び足で室内へ。

ベッドでぐっすり眠っている沙希さんに接近すると、彼女の体を揺すって起こした。

「ん……ええ"」
目を覚ました彼女は、突然現れた目出し帽子の侵入者に仰天した。

「静かにしろ! 痛い思いをするぞ!」
男は包丁の刃先を彼女の顔に向けた。

「こ、殺さないで……」
「じゃあ脱ぐしかねえな。全部だぞ」
素直に従うしかないと観念した沙希さんは、ベッドの上で全裸になった。

「よし! 今度は後ろを向いて、両手を背中に回すんだ」
沙希さんが言われたとおりにすると、男は彼女の両手首を結束バンドでがっちりと固定した。

「シャワーに行くぞ」
宇治自身も服を脱いで彼女とともに浴室へ。
浴室で男は、彼女の乳房に荒々しくむしゃぶりつくとともに乳首に噛みついた。

「いっ、痛い!」
「うるせえ、黙れ!食いちぎるぞ!」
激しい痛みと恐怖から彼女は泣き出していた。

だが、その姿を見た男はさらに興奮。

今度はボディシャンプーを手に取ると、女性器周辺に塗りたくった。
そして、膣口を探り当てると中指を突き入れた。

その後、膣内をかき回すなどの凌辱を加え、それにも飽きると今度はアナルにも指を突き入れ、同様の凌辱行為に及んだ。

「さ~て、どっちの穴にブチ込んでやろうか?」
もはや彼女は言葉を発することもなく、必死に首を左右に振るばかりだった。

「ベッドに行くぞ!」
宇治はベッドに連行した彼女を押し倒すと、膣口にペニスを無理やりねじ込んだ。
奥まで貫いてピストン運動を開始しながら、わざと彼女にこう囁く。

「このまま中に出そうかなあ。それとも、外で我慢してほしいか?」
「お願いです。そ、外に出してください……」
宇治はそれに応えず、さらに腰を激しく振り立てた。

そして射精寸前、ペニスを一気に引き抜くと彼女の顔へと持っていき、顔面に向かってドクドクッと大量の白濁液をブチまけた。

02月12日公開のvol.03へ続く・・・。

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号