レイプ裁判

2014年03月04日 10時00分 公開

社長の名を使って女性を騙しSEX検査を強要した鬼畜男 vol.02

社長の名を使って女性を騙しSEX検査を強要した鬼畜男 vol.02

社長の名を使って女性を騙しSEX検査を強要した鬼畜男 vol.02

第3ステップは膣の分泌液…

「実は、お客様から君にかなりクレームがきている。私の知り合いの女医が特別に診察をしてくれるので、急いで病院に行ってほしいんだ」
宮川は電話で麻希さんの体臭について、客から苦情が相次いでいると具体的数字を並べて説明。

そして、病院と女医の名前を挙げたあとでこう続けた。
「事前にエチケット検査をしておいてください。第1ステップは、脇、足、陰部の匂いや陰毛の量のチェックです。第2ステップは陰部の味のチェック。酸性かアルカリ性かを判定する必要があります」

言葉巧みに麻希さんを信じ込ませると、男は最後にこう締めくくった。
「第3ステップは男性器を膣に入れて、膣の分泌液を出すことです。突然で驚く気持ちもわかりますが、検査員の指示に従って頑張ってください」

そう言って、自らの携帯電話の番号を伝えると電話を切った。
宮川は同じ口上で女性に迫ったが、ほとんどの女性は話を真に受けなかった。

だが、麻希さんは仕事を失うかもしれないという恐怖とともに、実際、自分の体臭にコンプレックスを感じていたので信じてしまった。

動揺した麻希さんは、宮川の携帯電話に連絡。
2人は繁華街で落ち合うと、近くのインターネットカフェへ連れだって向かった。

個室に入って、宮川は麻希さんの脇や足や陰部の匂いを嗅いだ。
さらに彼女のパンティを脱がせると、ワレメを丁寧に舐めあげた。

「ど、どうですか……?」
「う~ん。なかなかいい味だ。これなら大丈夫!」

だが、まだ第3ステップが残っていた。
「ここでは、なんだから」

男はそう言って促し、ラブホテルへと移動。
別々にシャワーを浴びて全裸でベッドインした。

宮川は彼女にキスをしながら片手で乳房を揉みつつ、もう片方の手でワレメを愛撫した。
麻希さんは、恐怖と緊張で体を硬くしていた。

そんな彼女の脚を開いて、男はワレメを舐め回し始めた。
「僕を恋人だと思って、気分を出しましょう」

膣口に舌先を突き入れ、唾をたっぷりと塗りたくっていく。
「今度は僕のを舐めてくれないかな?」

調子にのった男はフェラチオを要求して彼女に応じさせた。
そして、辛抱たまらなくなったところで生のまま挿入。
すべてが宮川の思うツボだった。

03月05日公開のvol.03へ続く・・・。

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号