キャッチアップ

レイプ裁判

2014年03月10日 10時00分 公開

V局を名乗って部屋に侵入美女を3日間犯し続けた鬼畜 vol.01

V局を名乗って部屋に侵入美女を3日間犯し続けた鬼畜 vol.01

V局を名乗って部屋に侵入美女を3日間犯し続けた鬼畜 vol.01

法廷で暴かれた赤裸々現場

事件調書

被害者 :化粧品会社の美容部員
犯行手口:TV局社員のフリをして騙す
犯行現場:被害者の一人暮らしの部屋
犯人  :バツ1のタクシー運転手

「あなたの部屋が盗聴されています」
と、若い女性宅の玄関をノックしたのは、テレビ番組のディレクターを名乗る中年だった。
女性の不安感を煽って、室内に入ると、中年男はたちまち豹変。
女性に襲いかかって凌辱を加え、レイプにおよんでいた。

その後、3日間に渡って居座りながら、彼女を"性奴隷"として、凌辱し続けたのだ。
※※
タクシー運転手の藤森雅春(47)は、生まれてからずっと、母親と2人暮らしだった。
母親はスナックホステスで、男の出入りが激しかった。
そうした環境のせいか、藤森は、幼少期から"母親に見捨てられないか"という不安を常に抱いていた。
そうした生活のなか、30代半ばで最初の結婚をした。
相手は、たまたまタクシーに乗せて知り合った2歳下のホステスだ。

しかし、贅沢好きの妻は藤森が仕事に出ている間、ホステス時代の男性客たちと密会を重ねてはセックスをして、小遣いを稼ぎ、高級ブランド品を手に入れていた。
藤森は、そんな妻に我慢できなくなって離婚した。

40代半ばで再婚した相手も、タクシーに乗せたホステス。
藤森より3歳上の妻は、フェロモンたっぷりの美女だった。
彼女はセックスに極めて貪欲なタイプだった。
プロポーズしたときも、「毎日セックスしてくれるなら、結婚してもいいわ」と、肉食ぶりを隠さなかった。
加えて、「浮気防止のためよ」と言って、藤森の陰毛をツルツルに剃ってしまったのだ。

しかも、毎日のセックスだけでは済まなくなった。
妻がイク前に男が射精すると、妻は激怒するのだ。

2回戦に挑もうとしても、中年男のイチモツは半勃ちだ。
土下座して謝ったが、彼女から殴られた。

「私をイカせられないなら浮気するわよ!」
そう脅され、藤森は必死に息子を奮い立たせ、射精を我慢しながら妻をイカせることに渾身のエネルギーを注いだ。

ある日のこと、ようやく妻を絶頂に導くことができたので藤森は射精しようとした。

だが、妻からは射精を禁じられた。
「あんたは駄目!また明日があるんだから、我慢しなさい」
射精すれば、セックスパワーが落ちる、と妻は言うのだ。

藤森には、新たな仕打ちが待っていた。
妻は手錠を取り出すと、男の両手首を後ろに回して手錠をカチャと施した。
それは男に"一人エッチ"をさせないための策というのだ……。
妻とのセックスが苦痛になり、タクシーの仕事の合間に密かにオナニーに耽ったりした。

だが、自慰行為による射精の影響でセックスパワーがダウン。
たちまち妻にオナニーがバレてしまった。
彼女の束縛はますます厳しくなるのだった。

03月11日公開のvol.02へ続く・・・。

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号