大衆ヴィーナスWEBサイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

桃色コラム

2012年07月22日 14時00分 公開

突然の悲劇を回避する!「死なないオナニー」vol.2

突然の悲劇を回避する!「死なないオナニー」vol.2

突然の悲劇を回避する!「死なないオナニー」vol.2

あなたこそ突然死が危ない!

それにしても、オナニーで死ぬなんて、男子として生まれた以上、誠に無念で、恥ずかしいではないか(女性でも同じか)。

では、どうすればオナニーで死なずに済むのか。
上野博士に聞くと
「動脈硬化、高血圧の人、また、心肥大の人などは要注意です」
石藏准教授も同意見だが、予防はなかなか難しいという。
「健康診断で何も注意されなかった人が、心筋梗塞になることがあります。注意のしようがないのです。よほど激しいのがお好きな方でない限り、性行為自体の運動量は大したことがありません。まして、オナニーでしょう?むしろ、興奮が心臓に与える負荷のほうが大きいのです」

過度な性的興奮がいかに危険かは、腹上死の調査でも明らかだ。
上野博士の研究によると腹上死は、「自宅で妻と」より「旅館で愛人と」のほうがはるかに多いという。
確かにそっちのほうがコーフン度は高い。
つまるところ、「過度に興奮するような行為や妄想を控えること」(石藏准教授)が重要だ。

また、体に負担をかける行為も要注意だ。
オナニー研究会を主催する紀行作家の想野富夢(おもいのとむ)氏が、こうアドバイスする。
「中高年男性は血管が老化していますから、射精するまで、しごき続けようなどと思わないほうがいいでしょうね。また、何度も"寸止め"をするのも体に無理がかかるでしょう」
付け加えると、"酒の勢いで"も危ない。
アルコールは血圧や心拍数を上げる。
飲んでオナニーをすると、さらに心臓に負担をかける。

最後に、上野博士からのアドバイスを聞こう。
「自分がオナニーで死ぬはずがないという過信は禁物です。一番危ないのは、自分はなんともないと思ってる人なんですから」

  • 突然の悲劇を回避する!「死なないオナニー」vol.2

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号