桃色コラム

2017年09月16日 19時00分 公開

50代「オンナの性欲とSEX」大研究vol.2

50代「オンナの性欲とSEX」大研究vol.2

50代「オンナの性欲とSEX」大研究vol.2

 50代女性の約3人に1人がまだ現役というアンケート結果も、裏を返せば、“ご無沙汰”の人のほうが圧倒的に多いということ。50代熟女たちの性生活は、どのようなものなのか。また、彼女たちが辿り着いたSEXの形とは、どんなものなのか? 実際に、じっくり話を聞いてみた。

 まずは、2~3か月に1回くらいSEXをしているという松田令子さん(52=パート)の話。「ちょうど50歳になったとき、夫(55=会社員)が“いつまでやりたい?”って聞いてきたんです。一瞬、“この人、私と別れたいと思っているのかしら”と思ってしまいました。男の人は、勃つ、勃たないがあるからかもしれないけど、私はそんなの、考えたこともなかった。お互いにしたいという気がなくなれば、自然にしなくなるだろうし……SEXって、そんなものでしょ?」

 続いて、40代半ばまでは、最低でも週イチはしていたという永田麻子さん(53=専業主婦)は「子供たちが中学、高校に入って、遅くまで起きているようになると、ガクーンと減っちゃって。声が聞こえちゃうでしょ。夫が休みの日に、子供たちを学校に送り出したあと、“今なら大丈夫だから、しようか”って、私のほうから誘ったこともありました(笑)」

 だが、若い頃は“したがり”だった夫も、年のせいか、あまり求めてこなくなり、今は年に何回か、子供たちが家を空けた夜にするくらいだという。「まあ、こんな感じで、少しずつソフトランディングしていけばいいと思っています」(前同)

 悲しいかな、これが現実。だが、決して彼女たちは“したくない”わけではない。男の体を求めているのだ。今年で結婚30年を迎える辻田京子さん(58=社団法人臨時職員)の例を紹介しよう。「もう2~3年はしてないですねえ。夫(59)も求めてこないし、私も別にしたいとは……。でもね、ときどき、夜寝る前に夫の布団に手を伸ばして、手を握るんです。ええ、夫も握り返してくれます。これが、うちのSEXでしょうか」

 だが、彼女は、本当は手だけではなく、肌と肌を触れ合わせたい、もっといえば、裸で抱き合いたい気持ちが強いという。「肌と肌を合わせて、体温を感じたいんです。でも、こんなことを夫に言うと、“まだ、したいのか”って思われそうで言えません。男性は女のこんな気持ち、なかなか分かってくれないでしょうから……」

 そう、この“肌の触れ合い”こそが、50代の女性が求めるSEXの形なのだ。アンケートで《これまでに経験したSEXプレイ》を聞いたところ、皆さん、かなり多様な体験をしている。中には、野外SEXや複数プレイと答えた方もいたが、50代になると、若い頃のような刺激的なSEXではなく、“メンタル重視のSEX”に向かうのだろう。実際にSEXの好みが変わってきた50代も、もちろん少なくない。

 1年ほど前から、夫(55=会社役員)とSEXをするときにローションを使うようになった吉沢英美さん(53=専業主婦)は「今までと違う快感」を覚えるようになったという。「肌に塗ると、ホワッと温かくなるホットローションを使うと、気持ちまで温かくなるの」

 ご主人のペニスは若い頃と比べて、ずいぶん軟らかくなっているので、挿入では強い刺激はない。「だけど、入れているとホワーンとして、なんか幸せ~って感じなの。入口をキュッと締めると、“この人は私のモノ”みたいな気持ちになるし(笑)。SEXの快感っていうのとは、ちょっと違いますけど(笑)」

  • 50代「オンナの性欲とSEX」大研究vol.2

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号