キャッチアップ

桃色コラム

2017年03月02日 14時00分 公開

落ちる人妻がすぐにわかる「7つの魔法の言葉」vol.3

落ちる人妻がすぐにわかる「7つの魔法の言葉」vol.3

落ちる人妻がすぐにわかる「7つの魔法の言葉」vol.3

(6)「避妊してるの?」

 佳美さん(31)が、知人男性のMさん(41)と飲んだとき、「旦那さんは何しているの? うまくいってるの?」などと、立ち入った質問をされた。「でも、私を心配してのことだとわかり、なんでも正直に話しだしたんです」

 話は子供がいないことに及び、彼は「避妊してるの?」という思い切った質問を、しかし、イヤらしくなく、聞いてきた。「それで、中絶経験があること、その話を夫に話したらギクシャクしたこと、それ以来、夜もごぶさた……と話したんです。Mさんは包容力のある人で、何もかも話したいと思ったし、話すとホッとできました」

 ここまで打ち解けると、あとはなるようになるのだろう。この晩、二人は結ばれた。Mさんはホテルでも包容力を発揮、ベッドの端に腰をかけ、佳美さんを後ろから抱いた。「足を大きく開かれた格好で、彼が入れてきたんです。前に大きな鏡があったから、何もかも丸見えで……」

 彼に、「ほら、ちゃんと目を開けて。クリトリスが、ぷっくりとなって光ってるのが見えるだろ? 濡れ濡れオマ○チョにも、大きいのがズンと入ってるでしょ……ああ、君は、なんてイヤらしいんだ」などと言葉攻めをされたそうだ(Mさん、飲んでたときの真面目な態度と違うけど……)。

「避妊の話なんかやめて」とキッパリ言うような若妻は、時間の無駄だ。指をしゃぶってあきらめよう。

(7)「君とセックスしたいんだ」

 専業主婦の恵実さん(32)は、結婚前に勤めていた会社の男性(35)と飲みに行ったことがある。「昔、もう少しで“友達以上”になるところだったんです。あの日も少し飲んだら“やっぱり君とセックスしたいんだ”と、まじめな顔で言うんです。言葉は露骨だけど、かなり真剣でした」

 彼女は、「みんなに、そんなこと言ってるんでしょ」と切り返した。「すると、彼が“誰にでも言うけど、本当にしたいのは君だけ”と言うの。そのやんちゃな答えに思わずクスッとなって……気がついたらホテルでした(笑)」

「したい」と言って「バッカじゃないの」などと蔑(さげす)まれたらあきらめるべきだが、笑いが出るようなら、もうひと押し。ただ“ヤリたい”だけでも、人の心を打ち、人妻の股を開く。

 7つの言葉も効果的だが、正直が何よりだ。

  • 落ちる人妻がすぐにわかる「7つの魔法の言葉」vol.3

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号