キャッチアップ

桃色コラム

2017年02月27日 07時00分 公開

人妻、OL、ナース淑女たちの「お別れSEX」告白集vol.4

人妻、OL、ナース淑女たちの「お別れSEX」告白集vol.4

人妻、OL、ナース淑女たちの「お別れSEX」告白集vol.4

置き手紙に残した最後の言葉

 最後は、静岡県の公立病院に勤める看護師の三田圭子さん(27)。彼女は、提携する医科大学から派遣された医師のMさん(43)と、先ごろ別れた。

「医大からの派遣医師はナースと関係を持っても、任期が終わるとジ・エンド。だから、私も割り切っていました。それに、M先生は東京に奥さんもいますから、別れる際にごねたり泣いたりはしませんでした」

 最後のセックスは、彼が帰京する3日前だった。その夜、彼女は黒いエナメルのボンデージに黒い編み目のストッキング、パンティとブラもショッキングピンクという"娼婦コスプレ"をしたという。

「彼は20代のころにドイツ留学していたとき、娼婦の館とやらで遊んでいたそうなの。そこで遊んだ娼婦のボンデージ姿が、忘れられないようで、何度か"娼婦ルックになってよ。コスチューム代はオレが出すから"と頼まれたんですが、ずっと拒否していたの」

 お別れセックスはM先生のマンションだったが、バスルームから娼婦ルックで登場した圭子さんに、彼は大興奮。いつも彼がリードするのに、その日は、「下だけ脱いで、ボクの上に乗って」と彼女に攻めさせた。「いつもと違うエッチで、私もそれなりに興奮したんですが……」

 M先生と情事をした日は朝一番で帰るのだが、そのときは彼が寝ている間に、置き手紙を残してマンションを出た。その置き手紙には、こう書いたという。

《先生に頼まれた娼婦ルックをずっと拒んでいたのは、先生とのセックスが遊びと思われるのが嫌だったからでした。わたし、いつの間にか先生のことを本当に好きになっていました。最後だと思い、あんな格好をしましたが、恥ずかしいので、先に帰ります。先生、好きでした。さようなら》

 切なくも悲しい、それぞれの別れ。そして、今年もまた春が来る――。

  • 人妻、OL、ナース淑女たちの「お別れSEX」告白集vol.4

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号