キャッチアップ

桃色コラム

2013年04月15日 14時00分 公開

橋下市長も頭を抱える…大阪SEXできる味噌汁バー潜入 vol.1

橋下市長も頭を抱える…大阪SEXできる味噌汁バー潜入 vol.1

橋下市長も頭を抱える…大阪SEXできる味噌汁バー潜入 vol.1

シメのシメは「お持ち帰り」!?仰天情報を大追跡!

食欲をかき立てる味噌汁の香り――。"おふくろの味"を思い出させる店内で、「どっから来たン?」可愛い関西弁で話しかけてきたのは、白シャツにミニスカート姿の剛力彩芽似の美少女だ。聞くと、19歳の短大生で、1カ月前からバイトしているという。

店内は10席ほどのカウンター席のみで、カウンターの向こうでは3人の若い女の子が味噌汁を作ったり、客の前でおにぎりを握ってくれたりもするのだ。

その名も「味噌汁バー」。実に大阪らしい奇抜なアイデアだ。
「昔から"新風俗は西から生まれる"といわれるように、ホテルヘルスやガールズバーも大阪発祥。京都生まれのノーパン喫茶も大阪で大当たりした歴史がありますからね」(スポーツ紙風俗班デスク)

新しモノ好きの関西人の間では、当然「味噌汁バー」も大人気。どこの繁華街にもあり、その日、記者が潜入した店も満席だった。

だが、実はこの珍バー誕生の裏には、現在の大阪風俗事情が絡んでいるのだ。
「味噌汁バーはガールズバーが形態を変えたものなんです。昨年、大阪ではガールズバーが小学生を雇用したり、女子高生店員が飲酒して死亡するという事件も発生、社会問題になりました」(地元の風俗ライター)

未成年の店員に飲酒させるなど許しがたい事件だが、そもそも、なぜ少女たちが働いていたのか?
「ガールズバーは風営法の許可を取らず、飲食店許可で営業しているんです。飲食店なら営業は朝までOK(風俗店は基本的に0時まで)で、午後10時までは未成年も雇えます。しかも給料も安く済む。その代わり、客へのお酌やボディタッチといった接客はNGで、カラオケに手拍子することも禁止。ですが……正直、そんなルールに従って商売している店は皆無に等しかった」(前同)

風営法適用でも不思議ではない接客なのだが、飲食店許可という"グレーゾーン"で営業していたのだ。

そこへ前出のような事件が頻繁に起き、当局はガールズバーの違法営業に目を光らせ始めたのだが……。
「風営法では、飲食店営業の常態として"通常主食と認められる食事を提供して営むものは除く"とあります。これを逆手に取り、おにぎりなどの主食を出して、"うちはガールズバーではないし、飲食店許可でいい"と主張し始めた」(同)

お決まりのイタチごっこというわけだ。そして、「橋下徹市長から所轄の地域課にプレッシャーもあるなか、"完全に無許可で営業している店となれば摘発もできるが、飲食店として許可を取って営業しているので、どうにもできない"と現場はボヤいています。かつて"大阪で風俗街やラブホ街を引き受ける"と豪語した橋下市長も、頭を抱えているようです」(全国紙社会部記者)

これが「味噌汁バー」流行の真相なのだ。

それどころか、いまでは若い女の子を揃えた「チヂミバー」「小鍋バー」さらには「たこ焼きバー」「かつ丼バー」まで登場しており、それらは"炭水化物バー"と総称されているのだ。さらに、その実態は、「食事を出すだけでガールズバーとなんら変わっていない。しかも、大阪のガールズバーは以前から客と店員の援助交際が横行し、問題視されていたんです。裏メニューで"連れ出し"を記載していた店もありました」(前出・風俗ライター)

ゴクリ……。

4月16日公開のvol.2に続く・・・。

  • 橋下市長も頭を抱える…大阪SEXできる味噌汁バー潜入 vol.1

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号