桃色コラム

2017年01月02日 14時00分 公開

タクシー運転手証言「真夜中のモンスター女性客」vol.2

タクシー運転手証言「真夜中のモンスター女性客」vol.2

タクシー運転手証言「真夜中のモンスター女性客」vol.2

 個人タクシーの花形隆弘さん(63)が乗せた酔っ払い客は、取り返しのつかない大惨事を引き起こしてしまった。「雪の降る夜中、ミニスカートを穿いた30がらみの色っぽいホステスさんを乗せたんです。酒が入っていたようで、行き先を告げたあとは、すっかり無防備な姿をさらけ出しながら、スヤスヤ寝入っちゃいました」

 はだけた胸元やミニスカートの奥の影をバックミラーでチラチラ見ながら、笑みを噛みしめた花形さんだったが、そんな幸運も長続きはしなかった。

「急にムクッと起き上がって、“お腹が痛い!”。そして、車を停める間もなく“ブリッ!”と音がし、車内に臭いが充満して……」出もの腫れもの、所嫌わず。吐かれるケースはそれほど珍しくないが、モロに座席に出されたのは初めてだったという。「男性ならズボンが"堤防"になるんで、これほどの被害にはならないんですがね」これも、女性客ならではの珍事といえよう。

 これまで紹介したのは、酒の力を借りて狼藉に及んだモンスターばかりだが、本物の“怪物”はシラフで大暴れも厭わない。運転手歴10年目の波多野功夫さん(41)は、新人時代に出会った高飛車な女性客のことを思い出すと、いまだにハラワタが煮えくり返るという。

「都内の一流ホテルから乗せた、胸元の広く開いたドレス姿の熟女で、乗車するなり、道順を機関銃並みのスピードで、まくしたてられました」まだ新人だった波多野さんが道順を確認したところ、「見下した態度で、“そんなこともわからないのォ!?”と怒鳴られました。その後は緊張のあまり、何度か道を間違えてしまいましたが、その都度、後部座席から“馬鹿”“間抜け”と怒声が飛び、最後は後ろから運転席を蹴飛ばしながら“右に曲がれっていってんだろ。右だよ右。お箸持つほうだよ!”ですよ」

自宅の高級マンションに着いたあと、その女性客は波多野さんに千円札2枚を投げつけ、「釣りは取っとけ、このトンマ」と吐き捨てて下車したというが、「あとで気がついたら、200円不足してました。あんなひどい客は、その後も乗せたことがありません」

  • タクシー運転手証言「真夜中のモンスター女性客」vol.2

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号