桃色コラム

2015年03月16日 20時00分 公開

初不倫SEX人妻が落ちた 「 7つの魔法の言葉 」

初不倫SEX人妻が落ちた 「 7つの魔法の言葉 」

「仕返しに君も浮 気すればいいじゃないか」


自分でも意外なんだけど、ついセックスに応じちゃったんです
よその奥サマたちとデキる秘密がこれ!


不倫なんて無縁そんな貞淑な奥さんが、ふらっと道を踏み外してしまう。
なぜだろう。
みんな、"魔法の言葉"を男にかけられていたのだ。
どんな言葉だったのか、7人の人妻に聞いた。

「仕返しに君も浮気すればいいじゃないか」大恋愛の末、2年前に結婚した中尾真琴さん(33=仮名=以下同)は、不倫なんて自分たち夫婦には絶対ないと思っていたという。
「だから、夫が出張先でデリヘルを呼んだと知ったときはショックでした。謝ってはくれましたが、一生、許せないと思います」
こんなとき偶然会ったのが、以前勤めていた会社の同僚・Kさん(38)だった。
バーでそれを話すと、彼は同情してくれたが、「そんなことを、いつまでも引きずるなよ」ともいった。
「だって、許せないんだもん」
「そのために家庭が壊れてもいいのか?」
「どうすればいいのよ」
「仕返しに、君も浮気すればいいじゃないか。知り合いの奥さんは、自分も浮気して"これでオアイコ"と思ったら、すっきりしたといってたよ。それが大人の知恵だよ」
Kさんはそういうと、続けて、
「俺が相手をしてやるよ」
そう、さらりといった。
彼に何度も
"家庭を壊すか?"
"何もかも失うのか"
と脅されるようにいわれると、なんとなく夫を許してもいいような気になってきた。
「でも、それじゃダメなんだよ。自分も同じ罪を犯さないと、本当に許したことにならないから。時間が経つと、許せないという思いがまた戻ってくるよ」
いわれているうちに、だんだんKさんのいうとおりだと思うようになり、真琴さん、気がついたらホテルにいたというから、まさに魔法の言葉だ。
「おまえのここ、こんな形をしてたのか。ヘアが薄くて具が見えそうだな。ちょっと開いてみな。おーっ、すげえ」
彼のセックスは、なぶり型だった。
「おまえ、いつもこんなに濡れるの」
と驚かれたほど感じたが、別れ際の
「またやりたいだろ」
というKさんの下品な言い方で魔法が解けてしまった。
「うちの旦那のほうが上だな(笑)、許してもいいやという気になってしまいました」(真琴さん)

次ページ >> 初不倫SEX人妻が落ちた 「 7つの魔法の言葉 」

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号