桃色コラム

2015年03月07日 20時00分 公開

平成「立ちんぼ妻」の実態

平成「立ちんぼ妻」の実態

正真正銘、本物の人妻


いったい何故!?
白夜のラブホテル街に出没するフツーの奥さんたち・・・
路上に立って客を引く“立ちんぼ妻”がラブホ街に急増しているという。真相をたしかめるべく噂の現場に急行した!
「いやはや、マジで驚きましたよ。だって、真っ昼間のラブホ街に、人妻らしき女性が5~6人、人待ち顔でウロウロしているんですから。
しかも、夜半に出没する韓国や中国出身とおぼしき、厚化粧のオバチャンとは雲泥の差。楚々とした雰囲気で、思わず振り返りたくなるような美人も、数人いましたね」
そう興奮気味に語ってくれたのは、営業途中、ラブホで一暴れしようと目論んだ不良サラリーマンのK氏(37)。氏の証言によれば、出会った妙齢の女性たちは、街角で春をひさぐ“人妻立ちんぼ”だったというのだが。
「その中のひとり、20代後半で、ちょっと国生さゆりに似たスレンダーな女性に声を掛けられたんです。
“な~んだホテトル嬢か”ってちょっとガッカリしたんですけど、プロにしては格好が地味過ぎるし、どこかオドオドしている。おまけにスーパーのビニール袋まで持っていましたね。不思議に思って話を聞いてみたんですよ」
K氏が話を聞いたのは、いわずもがなベッドの中。大2枚で交渉は成立したという。

ホテルの一室で、細身ながら、ほどよく脂の乗ったさゆり妻の肢体を、心ゆくまで堪能したK氏。満足した同氏が一服がてら、聞いてみると、
「なんと正真正銘、本物の人妻だったんです。なんでもダンナに内緒の借金があって、以前は新宿の歌舞伎町で働いていたそうです。
だけど、店が潰れてしまった。借金が残っているし、仕方なくラブホ街で客を引いているそうなんです」
なんともはや。それはそれで同情すべき話ではあるのだが、無類の人妻好きである記者としては、どうにも見過ごせない話。しかも、彼女ひとりではなく、大量の素人妻がラブホ街に出没しているのだとしたら、タイヘンな事態である。記者は取るものも取りあえず、その情報の真偽を確かめるべく、昼間のラブホ街に出撃したのだった。

次ページ >> 平成「立ちんぼ妻」の実態

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号