桃色コラム

2013年08月14日 14時00分 公開

美人女医3人爆弾座談会 男は知らない「女性器とセックスの真実」vol.3

美人女医3人爆弾座談会 男は知らない「女性器とセックスの真実」vol.3

美人女医3人爆弾座談会 男は知らない「女性器とセックスの真実」vol.3

オーガズムへの導き方とは?

――それにしても女性のオーガズムは複雑です。

松村「男性の場合、快感はイコール射精ですけど、女性の場合、そう単純ではないんですよ。まだまだわかっていないことも多いですし、そのせいで誤解や偏見も多いですしね」

――オーガズムに関する誤解は、ほかに、どんなものがありますか?

松村「たとえば、潮吹きですね。潮を吹くことがオーガズムを意味するわけではありませんから。そう思い込む男性が多く、Gスポットを激しく刺激されて、その痛みに悩んでいる女性がたくさんいます」

――AVの影響なんでしょうね。では、そもそも女性のGスポットや潮って、なんなのでしょう?

松村「Gスポットは人によりますが、膣の入口から3センチぐらいのところの前側にある部分を呼びます。男の人でいえば前立腺に当たるんですが、そこを刺激すると分泌液が大量に出るんですね。それが潮の正体といわれています」

早乙女「ただ、なぜ、あんな大量に出るのかは、まだよくわかっていないんですよ。女性器の状態でいうと、興奮期のあとの平坦期に出ますから、そのことからもオーガズムと関係ないのがわかります」

篠﨑「解剖学的には、教科書に載っていることではないので、はっきりとは言えないんですよ。また、場所や反応も個人差があるようです」

早乙女「潮の量が多くて困っているという人もいます。セックスのときに、赤ちゃんのおねしょ用のビニールシートやバスタオルを敷いたり、いろいろ苦労するみたいですよ」

――潮吹きで興奮している場合じゃないんですね。

篠﨑「Gスポットは乳頭、クリトリスと並ぶ性感帯ですが、女性が感じる部分はほかにもたくさんあります。たとえば、第2性感帯と呼ばれている唇や背中、それに脇腹、耳、うなじなどの普段隠れている皮膚の薄い部分も、優しく触れると、女性は感じてオーガズムに達します」

――女性のカラダって、すごいですね。

松村「女性は五感すべてが、男性に比べて敏感なんですよ。興奮するスイッチも、男性は主に視覚や触覚、見ることや触られることで入る場合が多いと思いますが、女性はほかの感覚でもスイッチが入ります。

たとえば嗅覚。昔つき合っていた男性がつけていた香水の匂いを嗅いで、興奮してしまったり。あとは聴覚。言葉ですね。男性は行為の最中は、あまり話したがらない方が多いんですが……」

――確かに行為に没入してしまって、ほとんど、しゃべりませんね。

松村「そこを頑張って、セクシーな言葉を囁いてあげれば、女性はすごく興奮するんですよ。女性のほうが、想像力が豊かともいえますね」

――頑張ります!

8月15日公開のvol.4に続く・・・。

 

  • 美人女医3人爆弾座談会 男は知らない「女性器とセックスの真実」vol.3

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号