桃色コラム

2017年10月14日 17時00分 公開 [週刊大衆2017年10月09日号]

AV女優&グラドルたちの「驚きの愛人SEX」

AV女優&グラドルたちの「驚きの愛人SEX」

AV女優&グラドルたちの「驚きの愛人SEX」

 “清廉性”なんて遠い昔の話。今どき女子は、夜のお仕事もエッチなアクセル全開で堪能。ご主人様……お願いですッ!

「パパ活っていうのがあって、自分の稼ぎだけじゃ食べていけない子が、スポンサー? パパ? みたいな人を見つけて、全部世話してもらうんです」 こう語るのは、トップグラビアアイドルの一人、葉加瀬マイ(30)。これは、去る4月、『マヨなか笑人』(読売テレビ)で語った芸能界の愛人事情だが、これまでもたびたび、貧乏アイドルたちが生活のため、“愛人SEX”を切り売りしてきたことは多数、既報の通り。

 だが、10代でデビューし、アイドル歴は10年超え、業界の裏も表も見てきた現役グラドルのA美は、「最近の新人は、愛人をしながらアイドル活動をしていることに、後ろ暗さも悲壮感もない。むしろ、それも含めて活動を楽しんでいるようですから、時代が変わったなと思います」と、“驚きの愛人SEX”を報告するのだ。

「今のアイドルの子は、みんな隠すそぶりもなくて、飲み会でも、“私、○○さんの愛人なんだよね”って平気で言い出すんです。先日は、女の子同士で“パパ”が被っていることが分かりました。険悪な雰囲気になるのかと思ってたら、“あの人の手マン、超気持ち良くない? やっぱり!  すごいよね、あの指バイブ!”と盛り上がり始めたのには、さすがの私も驚きましたが……」(前同)

 嫌々と、“愛人SEX”に甘んじるアイドルは、ほぼ存在しないそうで、「芸能人を目指すタイプの子は上昇志向が強く、感覚が男性的。エロいので、みんな、パパとのSEXをどこかで楽しんでいるフシがあります。そのうえ、マンションにもタダで住めて、アイドル活動も不安なく続けられる。最高じゃん、ってノリの子が本当に多いですよ」(同)

 水着のイメージDVDもリリース中のグラドルで、人気レースクイーンでもあるM香(24)は、こう話す。「今は、7人のパパがいます。金銭的に頼りになるのは、有名な50代の俳優さんだけど、あとは正直、経済力とかよりも“顔”でパパを選んでいます(笑)。既婚者のほうがエッチがウマいし、遊び慣れている。一緒にいて楽しいんです。あと、パパに、ちょいワル仲間のパーティに連れて行かれて、“今、コイツをかわいがってんだ”って紹介されるのは、ぜんぜん悪い気がしませんね」

 彼女のツイッターなどのSNSには、先月はタイ、今月はサイパンと、パパたちとの海外旅行の様子が連日、アップされている。「タイでは、もう一人の愛人のアイドルと一緒で、3Pしたり。超笑えた」

 前出のA美は、こう言う。「大した仕事もないのに、海外旅行の写真をSNSに上げたり、よく引っ越ししたりするアイドルは、パパがいると思って99%間違いないでしょう」

 スケベで刹那的な人生を謳歌しているというのだ。「私たちの世代の子たちは、裏で体を汚していても、“有名になりたい”って思いが強くて続けているパターンが多かったんです。でも、今は違いますよね。売れてなくても、“アイドル”ならステキなパパが寄ってきて、楽しくて気持ちのいい毎日が送れる。アイドルを辞めることは、その環境を手放すことだから、みんな、辞めないんですよ」(前同)

次ページ >> ハメ撮り&SM、当たり前!

  • AV女優&グラドルたちの「驚きの愛人SEX」

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号