キャッチアップ

レイプ裁判

2017年05月18日 19時00分 公開 [週刊大衆2017年05月22日号]

実録「レイプ裁判」ニセ医者が精子バンクを餌に美人人妻を昏睡中出し輪姦!

実録「レイプ裁判」ニセ医者が精子バンクを餌に美人人妻を昏睡中出し輪姦!

実録「レイプ裁判」ニセ医者が精子バンクを餌に美人人妻を昏睡中出し輪姦!

事件調書
被害者 27歳の不妊に悩む人妻
犯行現場 ビジネスホテル
犯行手口 睡眠薬で昏睡させて陵辱
レイプ犯 40歳と43歳の2人のアルバイト

「被告人両名は、女性の弱みにつけ込み、次々と昏睡強姦を遂げた」 法廷で検察官が静かな口調で起訴状を読み上げた。

 主犯格の男は、それを無表情で聞いていた。彼は医師と偽って、妊娠を望む女性に無償で優秀な男性の精液を提供すると称し、「精子バンク」というサイトを立ち上げた。だが、その実態はセックス目的だった。彼は女性を欺いてクスリを飲ませたあげく、共犯者とともに次々とレイプ犯行に及んでいたのだ。

 横島友則(40)の父親は、医師だった。そのため、医学部進学を目指して3年間浪人したものの、すべて不合格に終わった。「お前みたいなクズはウチから出て行け!」 父親の罵声を浴び、横島は家から追い払われた。それ以来、アルバイトを転々とした。低収入で結婚など考えられなかった。ただ父親を憎み、自分をかばってくれなかった母親を恨んで生きてきた。

 安アパートの一室で、パソコンを使いインターネットのエロ動画を見ることが横島の唯一の楽しみだった。そんな日々の中で、「精子バンク」という存在を知ることになる。「精子バンク」とは、子どもができない夫婦らにインターネットを通じて呼びかけを行い、精子を提供する個人や団体のことである。

 “面白そうだ。オレもやってみたい……” 結婚できず、子孫を残せそうもない横島は、精子の提供に興味を持った。しかも、セックスもできるかもしれない――。

 “サカナを釣るには、よい餌が必要だ” 横島は精子提供者としてホームページを開設し、医師を名乗った。そのためにインターネットから医師のIDカード(身分証)を取り出して偽造し、年齢も若く偽っていた。やがて、夫が原因で妊娠できない妻たちから問い合わせが来ると、彼女たちに写真を送らせて好みのタイプを物色し始めた。

 それらの中から最初に選んだのは、夫(30)がエリート商社マンの水越真帆さん(27)。横島好みの顔立ちで、スタイルの良い巨乳美女だった。結婚3年目の真帆さんは離婚の危機にあった。原因は子どもができないことだった。

 病院で検査しても、夫の精子にも、真帆さんにも異状はなかった。「俺のせいじゃない。原因はお前だ!」 夫は真帆さんが妊娠しないことで、毎日のようになじった。真帆さんはやむなく、夫には事情を隠して精子バンクの利用を決意したのだ。

次ページ >> 巨乳美女に睡眠薬を飲ませ…

  • 実録「レイプ裁判」ニセ医者が精子バンクを餌に美人人妻を昏睡中出し輪姦!

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号