レイプ裁判

2017年04月27日 20時00分 公開 [週刊大衆2017年05月01日号]

有名モデルにならないかと持ちかけ…

有名モデルにならないかと持ちかけ…

有名モデルにならないかと持ちかけ…

有名モデルにならないかと持ちかけ…

 やがて森川は39歳でシャバに戻ってきた。“今度こそ、もっとうまくやってやる!” もはや森川の行動は、世間への怒りを忘れ、レイプが目的となっていた。

 そのターゲットを物色するため、森川はインターネットで、タレント事務所を装って募集をかけた。≪大手下着メーカーのモデル大募集。有名モデルになるチャンスをゲットしてみませんか≫

 森川は好みのタイプを選んでメールをこう送った。「厳正な審査によって、モデル候補に選ばれました。専属のプロ写真家に撮影してもらいます……」

 当日、森川はプロ写真家を装って待ち合わせ場所に向かい、フリーターの長田智美さん(22)と会ったのだった。ミニスカート姿にロングヘアの彼女は、スリム美女だった。「今日はメーカーに見せるための撮影です。じゃ、行きましょう」

 近くのビジネスホテルに一緒に入った。「じゃ、これに着替えてくださいね」 智美さんはセクシー下着を受け取り、着替えた。

 森川は彼女にポーズを次々に要求。撮影の一環として、手首を縛り上げた。そして、身動きが取れなくなった智美さんに、その凶悪な本性を露わにして襲いかかった。

 いきなり彼女をベッドに押し倒し、下着を剥ぎ取り股間をまさぐった。智美さんは必死に抵抗した。「モデルが写真家にヤラせないで、生きていけると思ってんのか!」

 森川は智美さんの両脚の間に自分の脚をねじ込んで広げ、淫裂に潤滑ゼリーを塗りたくった。そして強引に両脚を広げながら、膣口に男性器を突き入れていく。ヌルッと膣口を通り抜けた肉棒は、肉襞を蹂躙していった。

「やめて……お願い」 泣きながら哀願する智美さんにかまわず、膣内で森川の亀頭がさらに大きく膨張。その後、ドクドクッと白濁液を放った。

「モデルが写真家にヤラせるのは常識だからな。黙っていれば、俺の力でモデルに選んでやる」 レイプを遂げた森川は、平然とこう言い放ち、立ち去っていった。

 その後、さらにモデル志願の若い女性2人が毒牙にかかった。その被害女性が大手下着メーカーに直接問い合わせて、モデル募集が無関係であることが発覚したのだった……。

 またもや森川は逮捕、のち法廷へ。連続レイプ魔への厳刑はほぼ間違いない。(文中の登場人物は、すべて仮名です)

  • 有名モデルにならないかと持ちかけ…

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号