大衆ヴィーナスWEBサイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

桃色コラム

2017年03月23日 16時00分 公開 [週刊大衆2017年03月27日号]

スマホ保存の「ヌード写真」にご用心!

スマホ保存の「ヌード写真」にご用心!

スマホ保存の「ヌード写真」にご用心!

 SNSで知り合った女の子たちとのエッチなメールのやり取りをすると、取り返しのつかない事態になるかも。

「男性の方は皆、気をつけたほうがいい。今後は裸の写真を“要求”した時点でアウトなので、痛い目にあう確率も高まりますよ」 こう話すのは、『少女たちの裏稼業』(彩図社)などの著作があるルポライターの石原行雄氏だ。先月「東京都が“自撮り”を規制するべく条例改正などを検討中」と報じられた。

「インターネット上で知り合った相手に騙されたり、脅されたりして、自分の裸画像などを送らされる女子中高生が急増しています。警察庁の調べでは、2015年の被害者は全国で376人。実に児童ポルノ事件被害者の約4割にあたります」(全国紙社会部記者)

 これまでも少女たちを脅迫して自撮りヌードを送らせようとした場合や、それを所持した者は逮捕されてきたが、今後の取締りはさらに厳しくなる。「この規制条例では、画像を“要求した段階”で取締りの対象になります。早ければ今夏にも施行されるかもしれません」(前同)

 未成年少女にそんな要求をしなければいいだけの話なのだが、“思わぬワナ”が待ち構えているという。「少女が自撮りヌードを使って、男性を脅すケースも少なくないんです」(前出の石原氏)

 いったい、どういうことなのか? 本誌の取材に応じてくれたAさん(40・メーカー勤務・営業)が、失敗体験談を次のように話す。「ある出会い系サイトで、19歳の女子大生と仲良くなったんです」

 エッチに興味津々な彼女とAさんは、頻繁にエロメールのやり取りをしていた。「しばらくして彼女がLINEのIDを教えてくれて、直接連絡を取るように。何度かビデオ通話もしたこともありました」(Aさん)

 お互いのオナニーを見せあったこともあったそうだ。「さすがに顔は見せてくれなかったけど、ベッドに寝転がって、パンツを膝までおろした格好で、これでもかとクリトリスをこねくり回していましたね。喘ぎ声もかわいくて、“オジサンのオチ○チン、ここに入れて~”とか言ってくれるんですよ」(前同)

 そうした仲だっただけに、Aさんも気軽に「今度、裸の画像も送ってよ」と頼んでしまったという。期待して待っていると彼女から、「うち、本当は17歳だよ」と未成年であることを告げられたうえに、「彼氏にオジサンとのことがバレて、激怒してる。警察に訴えるとか言っているんだけど、どうしたらいいかなぁ」と相談されたというのだ。

 結局、Aさんは脅されるような形で、彼氏を名乗る男と対面し、口止め料として40万円払ったそうだ。前出の石原氏によれば、女の子側が“未成年”であることを隠して、エロ写真を送った後、美人局的に男が出てくるケースが極めて多いという。

 さらに深刻なのがBさん(38・運送会社勤務・トラック運転手)のケースだ。Bさんは無料の通話アプリを通して、20歳のフリーターと仲良くなった。「ほぼ毎日、通話アプリを通じて会話していました。そのうち、お互いの連絡先も教え合って、直接やり取りするようになって(照)」

次ページ >> 自撮りエロ写真を要求させて…

  • スマホ保存の「ヌード写真」にご用心!

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号