桃色コラム

2017年03月20日 10時30分 公開 [ヴィーナス2017年02月01日号]

“鉄道式ソープ”に“射的フーゾク”

“鉄道式ソープ”に“射的フーゾク”

“鉄道式ソープ”に“射的フーゾク”

“鉄道式ソープ”に“射的フーゾク”

「まず、温泉フーゾク発祥の地・雄琴で一番興奮したのが“鉄道式ソープ”。女の子3人がそれぞれ15分ずつ交代で現れ、ここでまず“痴漢プレイ”をするんです。匂いをかいだり、胸やお尻を触ったり……といった本物の痴漢さながらの“品定め”のあと、一人を本指名してベッドへ。ベッド時間の長さによって“お試し準急”“本格的特急”など、凝ったプラン名があるのも旅情をそそります。電車と逆に、準急より特急のほうが時間が長いのは、ご愛敬ですね(笑)」

 ちなみに、本指名とのベッドプレイだけが楽しめる「グリーン車」も完備。「イメクラやラブホテルしかり、やっぱり日本人は、アイデアを凝らしてエロを楽しむことには天下一品だと思いましたねえ」(同)

 さて、お次は、『真田丸』最終回で、まさかの短銃を持ちだした真田幸村もびっくりの“射的フーゾク”。「北関東のM温泉で“遊べるお店、あります?”と聞いたところ、案内されたのが射的屋だったんです。“や、こういうことでは……”と思いつつ、懐かしさもあって入店したところ、弾がなんと10発で1万円。“なんてボッタクリだ!”と思いながらも“高いネタができた”くらいのつもりで挑戦しました」(桜田氏)

 景品は今やおもちゃ屋でも売っていなさそうなウルトラ怪獣の塩ビ人形など、いかにもな射的屋。子どもの頃に「縁日でちょっと鳴らした腕」(本人談)だという桜田氏、4つの的を落として計7点を叩き出した。

 すると……。「“おめでとうございま~す! 今日はルミちゃん(仮名)がお相手です!”という声が店内に響き渡り、番号札を渡されて所定の場所で待つよう言われたんです」(桜田氏) そう、実はこの店、射的の点数によって女性が決まるというバクチ感たっぷりのフーゾクなのだ。

「やって来たルミちゃんは、年の頃は20代半ば、橋本マナミを少しギャルっぽくした感じの激カワ美女。“大当たり~!”でしたね。そのまま、ちょんの間のような部屋に連れて行かれて。プレイ自体はそこそこ巻き気味で、30分しないくらいだったかな……。でも、1万円で、あそこまで楽しめたのは収穫でした。1つで10点という景品もありましたが、7点であれだけ美人なら、10点いった日には、どんな女神が現れるやら……あそこは必ず再訪したいです」(前同) 1点や0点だと……ちょっと考えたくない。

次ページ >> 楚々とした和装美人が三つ指ついて

  • “鉄道式ソープ”に“射的フーゾク”

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号