大衆ヴィーナスWEBサイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

桃色コラム

2017年02月28日 07時00分 公開 [週刊大衆2017年03月06日号]

おしっこの悩みはこれで解消!? 「下半身の健康」新常識

おしっこの悩みはこれで解消!? 「下半身の健康」新常識

おしっこの悩みはこれで解消!? 「下半身の健康」新常識

若い頃とはほど遠い“しおれっぷり”に、赤面モノの失態……。惨めさから一人で抱え込みがちな病状の耳より最新情報!

 加齢と比例して体のあちこちにガタがくることは、誰もが感じること。とはいえ、困るのが排泄や泌尿器に関する不調だ。“シモ”のことだけに他人に相談しにくく、病院にも行きづらい。対策も打てないまま、日に日に悩みだけが大きくなり、「まあ、年齢も年齢だから……」と諦める方も多いはずだ。だが、昨今はこうした不具合の研究が飛躍的に進歩して、あっさり解決することも多いという。

 そこで、今回本誌は、下半身の健康の最新常識を取材した。中高年になって何より多くなるのが、トイレまで我慢できない、あるいは就寝中に何回もオシッコに起きるといった、排尿に関する悩みである。そもそも尿道を取り巻く前立腺は、加齢とともに肥大するのが一般的とされる。つまり、前立腺肥大は老眼と同じ加齢現象の一種だが、その代償は大きく、尿道が圧迫されることでさまざまな排尿障害が生じる。

 これまでは、誰にも起こることだからと、前立腺肥大は半ば諦めるのが常とされてきた。しかし最新の医療事情に詳しい医学ジャーナリストの牧潤二氏は、「前立腺がかなり肥大したケースでも、現在の泌尿器科医療は、排尿障害を改善できるレベルになっている」と言うのだ。

 しかも、排尿障害で一番多い訴えである<夜中、何回もトイレに起きてしまって熟睡できない>は、前立腺肥大が原因ではないケースが多いという。高血圧の薬や睡眠時無呼吸症候群、慢性心不全などが原因の場合が多々あり、寝る前のアルコールやお茶などが原因ということもある。特に、アルコールが持つ利尿作用は、意外と忘れられがちだ。

「さらに注意してもらいたいのは血糖値が高い人です。糖尿病が進行すると腎機能が低下するため、これが夜間の頻尿につながることがあるのです。寝ている間に2回以上トイレに起きる人は、一度、きちんと病院で診てもらうことが大切です」(前同)

 オシッコをトイレまで我慢できずに漏らしてしまった――こんな経験をされた読者はいないだろうか。これも前立腺肥大が原因と思う方も多いだろうが、そうではないことが多い。「切迫性(せっぱくせい)排尿障害といって、神経系の不調がきっかけになっていることが実に多いのです」(同)

次ページ >> トイレ後の“ちょび漏れ”簡単解消法!

  • おしっこの悩みはこれで解消!? 「下半身の健康」新常識

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号