キャッチアップ

桃色コラム

2017年02月22日 07時00分 公開 [週刊大衆2017年02月27日号]

元AV女優が激白!「禁断の乱交SEXパーティ」

元AV女優が激白!「禁断の乱交SEXパーティ」

元AV女優が激白!「禁断の乱交SEXパーティ」

薬物を使ったセックスの味を知ってしまった人間たちが集う“肉欲の宴”。参加した元セクシー女優が実態を語る!

「あれは人間の姿じゃない。ゾンビみたいでした……」 こう、おびえるように小声で語るのは元AV女優のKさん(29)。清楚なお姉さま系で1年ほど前まで、素人ナンパもののAVやハードなSM作品にも出演していた企画系女優だ。

「私みたいな無名のAV女優って、素人女性のフリをして乱交パーティに参加したり、芸能人やスポーツ選手の合コンにヤリ要員として呼ばれたりするんですよ。でも、そんな仕事はまだマシ。昨年の冬、私はあるセレブの外国人宅に呼ばれ、そこで薬物乱交SEXパーティに参加させられたんです……」(Kさん)

 聞くだけで凄惨な光景が目に浮かぶが、確かに薬物とセックスは切っても切り離せない関係だ。「昨今、高知東生やASKAといった有名人も薬物使用で逮捕されていますけど、彼らも愛人との薬物セックスにハマっていましたから。そもそも薬物をやる人間の8割が、性行為目的といわれています」(裏事情に詳しいライター)

 一度味わうと止められない壮絶な快感だという、薬物セックス。通称、キメセク。さらに乱交。繰り広げられた肉欲の宴の内容は。前出のKさんはこう話す。

「そのパーティはアメリカ人男性の家主の他に、日本人男性が4人、女性は私を含めて3人参加していました。私はAV関係者の知人から招待されたんですが、他の人が何をやっているのかは分からないです。家の中に入ると、すでに私以外の全員が注射器を打っていましたので……」

 薬物だけは嫌だったKさんは懸命に断り、なんとか難は逃れたものの、その場から逃げ出す勇気はなかった。下手に刺激すると怖いので、彼らの乱交につきあうことにした。

「何がスゴいって、まず声です。男も女も、まさに阿鼻叫喚って感じで叫びまくっているんです。男性も乳首をちょっと触られただけで、女の子みたいに“ああーーっ!”ってよがって、腰をせり上げるんです」(Kさん)

 むろん、女性もスゴかった。女性の年齢は20~30代で、芸能人かと思うほどの美女だったという。

次ページ >> なぜ、薬物セックスは、人間を変えるのか?

  • 元AV女優が激白!「禁断の乱交SEXパーティ」

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号