キャッチアップ

桃色コラム

2017年02月21日 07時00分 公開 [週刊大衆2017年02月27日号]

関係者が語る「今年脱ぐ美女優」たち

関係者が語る「今年脱ぐ美女優」たち

関係者が語る「今年脱ぐ美女優」たち

「とにかくド迫力! 目の前で、コルセットブラからこぼれ落ちそうなほど、おっぱいを揺らすわ、薄いパンティ1枚でアソコを大開脚するわ、全裸になってもおかしくない勢いでした」

 そう興奮するのは、長澤まさみ(29)の主演ミュージカル『キャバレー』を観劇した芸能記者。彼女の熱演が話題となり、「チケット売買サイトで1枚10万円に高騰」(前同)する日もある大盛況だったという。

 この状況下、関係者たちは「この勢いで脱ぐ日も近いのでは」と口を揃える。さらに、芸能評論家の三杉武氏もこう後押しする。

「一時、低迷した後、ディープキスや胸を揉まれた映画『モテキ』で復活。以降、2012年の舞台『クレイジーハニー』で、下着が見えそうなミニスカ姿で“私の靴が舐められる?”など過激なセリフを連発して、今回の舞台に至りました。本人のヤル気は十分感じられますから、あとは所属事務所が脱ぐのを許すだけです。期待ですね」

 そんな長澤同様、本人が脱ぐ気マンマンなのが、現在、ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で、不倫にハマる居酒屋店員を演じる大島優子(28)だ。14年の写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)の発売イベントで、「脱ぐのは全然、構わない。女優としては別に抵抗はない」と断言した通り、本人にはかねてから“見せたい”願望がある。

「年齢的にも、今年が脱ぎどきです。AKB48時代は楽屋では常に全裸で、“大島の裸を見ることが選抜メンバーの証”と言われたほど。自分のスタイルに自信があり、人前で脱ぐことに抵抗がないんでしょう」(アイドルライター)

 一方、元AKBの篠田麻里子(30)は、脱がなければならない状況という。「卒業後、デザイナーを務めたアパレル会社が倒産。女優を目指すも、連ドラでは第1話で殺される役や、単発のゲスト出演など、レギュラー出演は難しい状況です」(スポーツ紙記者)

 最近は、活躍の場を舞台に移し奮闘中だが、出演中の『バイオハザード ザ エクスペリエンス』でも、悩みは尽きないという。「出演者の多くが20代と若いため、かなり焦っているといいます。もし、この舞台で評価されず、それでも女優として生き残るためには、“濡れ場”に挑戦するしかないと思い詰めているようです」(前同)

 今年に入り、写真誌でHi-STANDARD・横山健との不倫熱愛が報じられたマギー(24)にも、ヌードの影がチラついている。「現在もテレビ局には視聴者からの抗議が殺到しているとか。レギュラー番組を続けるのは厳しいかもしれません」(前出の三杉氏)

次ページ >> 女性誌や傷心ヌードもありえる!

  • 関係者が語る「今年脱ぐ美女優」たち

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号