キャッチアップ

レイプ裁判

2017年02月20日 14時00分 公開 [週刊大衆2017年02月20日号]

実録「レイプ裁判」マンション理事長の裏の顔、薬入り飲料で母娘を毒牙に…

実録「レイプ裁判」マンション理事長の裏の顔、薬入り飲料で母娘を毒牙に…

実録「レイプ裁判」マンション理事長の裏の顔、薬入り飲料で母娘を毒牙に…

事件調書
被害者 43歳のパート従業員と21歳の娘
犯行現場 被害者の部屋
犯行手口 被害者を薬で眠らせ昏睡レイプ
レイプ犯 65歳のマンション理事長

 年輩の男が法廷に手錠・腰縄姿で現れた。男は自分が居住しているマンションで、管理組合の理事長という要職を務めていた。だが、男はその立場を悪用し、同じマンション内に住む母娘を欺いて昏睡させ、そのあげく母娘を毒牙にかけていた。まさに鬼畜と呼ぶべき所業を遂げていたのだった。

 黒金健蔵(65)は温厚な人柄で“愛妻家”でもあったため、周囲からの信頼も厚かった。居住するマンションの管理組合から、理事長就任を強く求められたのも人柄の良さだった。しかし、それはあくまでも“表の顔”が良いだけだった。

 黒金の真の姿はまったく違った。妻が半年前に乳がんで亡くなると、黒金は哀しみに暮れるふりをしていたが、腹の中ではこう思っていたのだ。“やっと古女房が死んでくれた。これでオレはついに自由になれる”

 黒金の妻の主治医は、彼女の体に打撲痕がたくさんあることを知っていた。黒金は家で妻に暴力を振るい、外では愛妻家を装っていただけだったのだ。“やっと、うるせえ女がいなくなったんだ。もう、女遊びだって自由にしてもいいんだ”

 黒金は妻亡き後、今まで抑えつけていた性欲が、ムラムラと体の奥底からわき上がってくるのを感じていた。しかし、年金暮らしで自由に使える金も少なかったため、実際に女遊びと呼べるような行為は、月に1回のピンサロぐらいしかなかった。

 そのため、黒金は部屋でAVを見ながら自慰に耽るのが日課となっていた。その最中、いつも思い浮かべる相手がいた。同じマンションの住人・塚本葉子さん(43)である。40代ならではの色香が漂う美女で、スリムな体型も魅力的だった。夫を亡くした葉子さんはパート従業員で、一人娘の会社員・夏美さん(21)と住んでいた。下心がある黒金は、この母娘を何くれとなく手助けしてやった。

 そんな黒金に葉子さんは、いつも優しい笑顔を向けてくれた。“俺がセックスを楽しめるのも、あと数年くらいだ。まだ男として、女を喜ばせられるうちに、この女とヤッておくべきだ。そして一度、寝てしまえば、なし崩しに愛人にでもして――”

 黒金のドス黒い野望は、日増しに大きく強くなっていった。そしてついに悪辣(あくらつ)非道な姦計を思いつき、実行に移すのであった。

次ページ >> 睡眠薬入りのお茶を飲ませて…

  • 実録「レイプ裁判」マンション理事長の裏の顔、薬入り飲料で母娘を毒牙に…

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号