桃色コラム

2017年02月14日 07時30分 公開 [週刊大衆2017年02月13日号]

人妻たちの「爆笑ヘンタイSEX」報告

人妻たちの「爆笑ヘンタイSEX」報告

人妻たちの「爆笑ヘンタイSEX」報告

 楚々とした奥様がベッドでこっそり励む珍プレー! イケナイことほど燃えるのは、人の性なんでしょうか。

「AVの撮影でも“聖水プレイ”はよくやるんですが、アメリカの大統領もやってたんですねえ」と話すのは、AV女優の香西咲さん(30)。トランプ米大統領がモスクワの高級ホテルで、娼婦数人を呼び、オシッコかけあいプレイ、いわゆる“黄金シャワー”ショーをさせていたという疑惑について、苦笑しながらこう語る。

「まあでも黄金シャワーって、女性の体温や匂い、フェロモンや味も感じられ、急速に親しみが湧くというか、愛情を感じられるものなんですよね。特に、本当に好きな相手に、これを望む男性は多いと思います」

 口に出さずとも、ヘンタイSEXは、もはや常識!? 現に、我らがニッポンの人妻たちも“ヘンタイ度”では、負けてはいなかった! 「実は私、女体盛りをやったことがあるんです」というビックリ告白をしてくれたのは、美熟妻の絵美さん(41・仮名=以下同)。

 相手は彼女がつきあっている年下の浮気相手、スポーツジムトレーナーのSさん(22)だ。「彼は私が初めての女性で、これまではもっぱら、アダルトビデオで解消していたそうなんです。そのせいか、彼はビデオで見たプレイをやりたがるんですよ」

 裸体に刺身や果物を載せる女体盛りも、彼のリクエストだった。「どんなプレイか全然分からなかったんだけど、彼に言われて全裸でベッドに寝ていると、彼がスーパーで買ってきた刺身や果物を、私の体に盛りつけ始めたんです」

 しかも相手は、なかなかのこだわり屋。アソコにマグロの赤身を載せる際も、陰唇の形になるよう箸で丁寧に並べて「ここにブドウを置いたら、ほら、クリトリスだよ」と嬉々として作品を作り上げていたという。最初は抵抗感もあった絵美さんだが、妙に真剣な彼を見ていると、徐々に愛しく思えてきたそうで、「私にタコの足をくわえさせ、彼がもう片方からモグモグかじりながらキスしたりね。私もだんだん、その気になっちゃって……」

 彼はマグロ赤身の陰唇を食べると、彼女にワカメ酒をせがんだ。「お酒がこぼれるといけないからと、腰を突き上げる格好にさせられて……。そこにお酒を注いだ彼が口をつけてズズーッて卑猥な音を立てて飲むんです。恥ずかしくて、いつもより感じちゃって。ワンパターンな夫とのSEXより100倍よがっちゃいました(笑)」

次ページ >> 風呂場で“納豆の女体盛り”のマットプレイ

  • 人妻たちの「爆笑ヘンタイSEX」報告

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号