桃色コラム

2017年02月06日 07時00分 公開 [週刊大衆2017年02月06日号]

最大手摘発で「無修正AV」いったいどうなる!?

最大手摘発で「無修正AV」いったいどうなる!?

最大手摘発で「無修正AV」いったいどうなる!?

 禁断のアダルト動画を海外から配信するサイトの関連会社に、当局のメスが。事件を追った!

「お昼のNHKニュースでも『カリビアンコム』が連呼されましたからね(笑)。昼食時に驚いて、咳き込んだAVファンも多かったのでは?」(夕刊紙記者)

 世のスケベ男子が震撼した“事件”が起きたのは、今月11日のこと。「警視庁がAV制作会社『ピエロ』社長ら6人を、無修正わいせつ動画を『カリビアンコム』で配信したとして、“わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑”で逮捕したんです」(前同) カリビアンコムは、無修正AVを配信する業界最大手の有料サイトで、「毎月、100本以上の新作が配信されています。その多くが日本の裏モノで、最近は元グラドルや年間ランク1位に輝いた人気女優の無修正も、配信されています」(裏DVDライター)

 いわば女性器モロ見えAVの“供給源”とも言える存在で、そこに関連する制作会社の一つから逮捕者が出たのは、過去に例のないことだったという。そもそも、日本国内で違法とされる無修正AVを、なぜカリビアンコムは配信しても大丈夫なのか?

「カリビアンコムの本拠地は、アメリカ西海岸にあるんです。アメリカでは無修正AVは適法ですから、そこから無修正AVを配信しても、罪には問われないんです」(前同)

 同社は、無修正が適法のアメリカから、ネットを通じ、違法の日本でも視聴できるシステムを構築。これにより、日本の裏DVD業界は激変したという。「かつて裏ビデオは、表AVから流出した映像を、街の裏DVD屋が販売していた。もちろん、違法ですので、一般人が手に入れるのは困難なうえ、業者も頻繁に摘発されていました。だが、無修正AVを配信する海外サイトの登場で、一般人でも簡単に手に入るようになった。すると、新たな無修正AVが必要になる。そのため、海外用(無修正)の撮影をする制作会社が出現したんです」(前出の裏DVDライター)

 今回、逮捕された『ピエロ』も、その一つ。表AVを制作する一方で、無修正AVも作っていたという。「ちなみに、この9年ほどで、カリビアンコムからピエロに支払われた金額は、約13億7000万円。無修正AVの制作は、大金を生むんですよ」(前同)

次ページ >> 人気AV女優の初裏動画を配信

  • 最大手摘発で「無修正AV」いったいどうなる!?

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号