桃色コラム

2017年01月13日 07時00分 公開 [週刊大衆2017年01月09・16日号]

浮気の真実!「人妻不倫」赤裸々データ

浮気の真実!「人妻不倫」赤裸々データ

浮気の真実!「人妻不倫」赤裸々データ

妻がいる人気ロックミュージシャンと、売れっ子女性タレントの許されざる恋に端を発した、一連の“ゲス不倫”騒動。芸能人や国会議員の不貞が取り沙汰されたが、もちろん一般の人妻たちも亭主の目を盗んで、不倫をやらかしたケースがけっこうあったようだ。本誌は人妻200人にアンケートを実施し、それを基に『2016年版人妻不倫白書』をまとめた。

まず≪過去及び16年の不倫や浮気経験≫に関するアンケートでは、半数以上の人妻が経験ありで、16年にやらかした奥様は、なんと17%もいた。事実、浮気調査を全国規模で展開する大手の探偵社『MR』(本社=東京)の宗万真弓代表は、「最近、夫からの浮気調査依頼が急増している」と言うのだ。

「かつて浮気調査の依頼人は妻からが8割、夫からが2割でしたが、ここ数年、夫からの依頼が急増し、4割に達しています。主婦の間で“不倫のハードル”が下がっていることが分かります」(前同)

特に増えているのが40代人妻の不倫で、次に30代、50代と続くという。アンケートでも、16年に不倫した人妻の≪年代別不倫率≫は45~49歳の比率が32%と最も高い。同社に浮気調査を依頼する夫の年齢は48歳前後が多いという。子育てが一段落して時間に余裕のできた年代の人妻たちが、不倫や浮気に走ってしまうというわけだ。

気になる原因だが、宗万代表は次のように話す。「セックスレスや、仕事最優先で家庭を顧みない、浮気をしていたなど、夫側に問題があるケース以外に、家事やパート、子育てのストレスを発散させるためというケースもありました」

本誌アンケートでも<ストレス発散>という浮気理由が23%と多かったのだが、不倫のハードルを越える人妻は、いくつかの理由が重なっているケースが多い。

アンケート項目で<16年に不倫や浮気をした>にチェックした福岡県の宏美さん(46・仮名=以下同)に電話で話を伺った。彼女は16年の4月、下の子どもが中学生になったのをきっかけに、スーパーの総菜部門でパートを始めたのだが、その半年後に職場の主任(55)と肉体関係を持ったという。

「夫とはほとんど会話もなく、夜の生活もズーッとご無沙汰でした。もちろん、それも理由の一つですが、私が家の外で働くようになって“女としての自分を目覚めさせられた”のが大きかったんだと思います」 入店間もない頃に指導してくれた、その主任が仕事の手際の良さを褒めてくれた。

「家ではいくら家事をやっても、誰も褒めてくれないわけでしょう? すごくうれしかったし、それが彼への好意にもだんだんと変わっていきました」(前同)

次ページ >> 浮気の真実!「人妻不倫」赤裸々データ

  • 浮気の真実!「人妻不倫」赤裸々データ

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号