キャッチアップ

桃色コラム

2017年01月05日 15時00分 公開 [週刊大衆2017年01月02日号]

「吉原高級ソープランド」読者モニター快感レポート!

「吉原高級ソープランド」読者モニター快感レポート!

「吉原高級ソープランド」読者モニター快感レポート!

“風俗の王様”と呼ばれるのも納得!! 日本最高峰の接客を(秘)レポートだ。発射オーライ、バックオーライ!!

約1500人の応募者の中から選ばれし幸運な戦士は15人――。今年もやってきた! 本誌の名物企画『読者による風俗体験レポート』。
簡単に説明すると、本誌8月22・29日号で“吉原高級ソープ体験レポーター”を募集。
プレイ料金を本誌が負担し、厳格な審査を通った本誌特命記者に“肉弾体験記”を書いてもらうというドリーム企画だ。
はたして、どのような“男の冒険”だったのか!?

まず、今回選ばれた15人のうち、吉原はおろか、ソープランド自体が初体験という初陣戦士が4人もいた。
<これから始まる夢の世界に、胸は膨らむばかりでした>
と、待合室での昂ぶる気持ちを書いてくれたのは、千葉県在住のKさん(52)。お相手してくれたのは、元体操選手の田中理恵に似ていると評判の20代の美人泡姫。

<大興奮の1回戦を終えた後、なんと、口で私のアソコをお掃除パックン! 私は本当に、自分が夢でも見ている気分になりました>
これで再び元気を取り戻し、その後、お風呂で初めての潜望鏡や、マッ○に大ハッスル。あっさり2回戦も達成したという。見事に初陣を飾ったKさんだが、最も印象に残ったのは<最初、緊張や不安で汗ばんでいた愚息を、いきなりパックンされたことです>。
男冥利に尽きますな!

だが、同じく初陣でも、やや勇み足だったのは、東京都在住のHさん(55)。
<50代で勃ちが悪くなっている昨今。一抹の不安を覚えながらの突撃でしたが、待っていたのは鈴木砂羽似のFカップ美女!>

予想以上の美人泡姫を前にして、緊張も最高潮に。
<ドキドキしながらお風呂に入ると、彼女が“攻めるのと、攻められるのはどっちが好き?”と聞いてきたので“攻めるほう”と返事。そしてベッドに移って、パックン、攻守交代と楽しむ中、こちらの反応を見つつ、的確にツボを刺激する彼女のテクニックに総勃ち。ならばと、お帽子を被せてもらった瞬間……期待が高まりすぎて、暴発してしまったのです……>
悔しい気持ちも分かりますが、そんな若々しい失敗談を語れるだけでも羨ましい限りです。

次ページ >> 「吉原高級ソープランド」読者モニター快感レポート!

  • 「吉原高級ソープランド」読者モニター快感レポート!

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号