大衆ヴィーナスWEBサイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

レイプ裁判

2016年11月24日 15時00分 公開 [週刊大衆2016年11月28日号]

実録「レイプ裁判」美人妻を尾行して脅迫姦敢行

実録「レイプ裁判」美人妻を尾行して脅迫姦敢行

実録「レイプ裁判」美人妻を尾行して脅迫姦敢行

事件調書
被害者 29歳の主婦
犯行現場 被害者女性のマンション
犯行手口 管理会社と偽って部屋に侵入
レイプ犯 37歳の会社員

白昼堂々、人妻を騙してマンションの部屋に侵入した男が、法廷に立っていた。男は“殺し屋”を装って幼い子どもを人質に取り、人妻を全裸にさせて緊縛。陵辱を加えただけでなく、その行為を写真撮影して、脅したのだ……。

安川涼介(37)は分譲マンションの管理会社で働いており、妻(35)と2人暮らしだった。給料は安かったが、パート勤めの妻と買った中古マンションのローン返済を続けていた。
妻に対する安川の態度は優しかった。だが、それは彼の生い立ちによるものだった。

安川の父親は、しばしば母親を殴ったり蹴ったりの暴力を振るっていた。そのせいで、母親は父親不在のタイミングを見て、浮気に走ったのだ。家に見知らぬ男が上がり込んでくることもあれば、母親に連れられて知らない男と一緒に旅館に泊まることもあった。
そんな晩は、母親のアエギ声が聞こえてくるので、“女は優しくしてやらないと浮気をする”

安川は自分の妻の誕生日にはプレゼントを贈り、一緒に外食に出かけた。しかし、そんな自分に強裂な違和感を覚えるようになっていくのだった。
“オレは優しさを演じているだけだ。本当はイライラを女房にぶつけて、殴り倒してやりたい”

だが、不満のはけ口として妻を本当に殴れば、自分の母親と同じように浮気に走るのではないか――男はそう脅えていた。
屈折した心は膨らみ続け、“いっそ何かをブッ壊してやりたい”
安川の破壊願望は膨らむばかりだった。

そんなある日の昼下がりのこと。早めに終わった仕事帰りに車を運転していると、幼稚園で子どもを迎える母親たちの姿を見かけた。
妻との間に子ができない安川にとって、その親子姿は羨ましく思えてならなかった。

しかし、次の瞬間、ある悪巧みが思い浮かんだ。
“あの母子をもてあそんでみたい……”
ターゲットに狙いを定めた男は、自転車で帰る1組の母子を車で追跡した。

次ページ >> 実録「レイプ裁判」美人妻を尾行して脅迫姦敢行

  • 実録「レイプ裁判」美人妻を尾行して脅迫姦敢行

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号