桃色コラム

2016年11月05日 11時00分 公開

トイズハートの成人玩具がもはや戦略兵器並みと話題

トイズハートの成人玩具がもはや戦略兵器並みと話題

R20

今、日本を囲むアジア近隣諸国の若者たちの間で“神の器”と呼ばれるとんでもないオナホールがあることをご存じだろうか。正式名称『アールニジュウ』。説明書きを見るとこのような文言が記載してある。

「脅威のバキュームで快感倍増っ! ねっとりと絡まるしっかりバキューム、快感自在!! 405gの超肉厚ボリューム! ダブルカリクラッシャーがボルテージアップからフィニッシュまでフルサポート!!」

開発者の熱意は感じるが、ダブルカリクラッシャーとはなんとも凄まじい。サイズは全長190mm、全幅70mm、重さは405g。世界を席巻するには、あまりにも小さな代物だ。しかし、こんな小さくてプニプニした、片手で持てるほどのオナホールが今、アジア全土を駆逐する勢いで快進撃を続けているという。

その凄まじさは諸外国の青年たちに「日本人が他国民を少子化させるために作った兵器ではないか」とまで言わしめたほどだ。まさに『アールニジュウ』は、マ●コを超えたマ●コと言っても過言ではあるまい。

もはや向かうところ敵なしに見える『アールニジュウ』だが、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった。発売元であるトイズハート株式会社代表取締役の石田貴之社長が次のように回想してくれた。

「アダルトグッズ業界では1年をまたいで売れ続ける商品はとても少ないんです。事実、成功よりも失敗のほうがずっと多い。また、自信満々で世に出した商品が大コケしたり、逆にそれほど目をかけていなかった商品が頑張って売れてくれたりと、成功パターンがなかなかつかめない業界でもあります。ゆえに制作サイドも販売担当者も、まさに子どもを育てるような苦難の連続です。それこそ、朝昼晩寝る間もなく商品のことばかり考えています。そこには少しの妥協も許されません。先が見えない分、精神的にも肉体的にも消耗しますから、まさに商品開発は産みの苦しみといえます」

トイズハートでは性に迷える日本の男たちに快楽を与えんと、スタッフ一人一人がまさに命がけで開発に取り組んでいるわけだ。

それでも売れないときは売れない。実際にトイズハートの商品の中には闇から闇に葬られた商品も少なくない。二度とかわいそうな商品を作りたくない。そんな彼らの思いはさらなる構造へのこだわり、素材へのこだわりへと突き進んでいく。

次ページ >> トイズハートの成人玩具がもはや戦略兵器並みと話題

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号