キャッチアップ

桃色コラム

2015年05月25日 20時00分 公開

ドライバーが体験!高速道路SA「仰天SEX事件簿」

ドライバーが体験!高速道路SA「仰天SEX事件簿」


あの道の休憩場所がスゴいことになっていた! 全国各地のSAで発生したビックリ秘め事をご紹介!!

全国の高速道路でドライバーが体験した"桃色事件簿"を、お届けしよう。まずは、男性なら生唾もののサービスをしてくれるサービスエリアというSAの衝撃実態。


「日本中を走っているけど、あそこが一番楽しみなんだ」

と話すのは、現役トラックドライバーの仲村肇さん(45=仮名=以下同)である。そこは、日本でトップクラスの利用者数を誇るSA。

ショッピングモールかと見紛うほど施設が充実しているが、深夜、敷地内を歩くだけで、そのサービスを受けられるという。

「トイレや食事を終えてトラックに戻ってくる途中、女性が接近してくる。顔や体を見て、こっちがOKならキマリだ」(前同)

大型トラックの後部座席は運転手用の簡易ベッドになっていることが多く、まずは、そこに移動。"暗黙の了解"で5000円を支払い、衣服を脱いだ女性に愚息をウエットティッシュで拭いてもらえば、20分間のフェラチオタイムの始まり、始まり。

「地元の女が商売目的で、長距離トラックドライバーを狙って集まってくるらしく、オレらは"移動ピンサロ"って呼んでるんだ」


仲村さんによると、最近、壇蜜似の女性が現れるようになったという。彼女に出会える確率が高い曜日と時間があるそうだが、

「それは絶対に教えられない」

と口を堅く閉ざす。唯一、教えてくれたのが、

「舌をカリにネットリと絡めながら、玉袋を手のひらで優しく包み込み、揉んでくれるんだ。しかも、ゴックンまでしてくれる濃厚サービスぶりで、本物の壇蜜も、こうなんじゃないかって妄想しちまうよ」


まさか高速道路で"ハァハァサービス"が受けられるなんて……。一方、高速道路のドライバーを狙ってヒッチハイクをする女性がいる。洋子さん(28)だ。

「高速の入口で、行き先を書いた紙を大きく掲げるんです。自分で言うのもなんですけど、私、優香に似てないですか?おっぱいが大きいおかげで、誰でも簡単に乗せてくれますよ」

確かにソックリで、こんな美女一人で危なくないのかと心配してしまうが、

「私のほうがヤリたいんですよ(笑)。ガッチリした体格の男らしい人が好みなので、そういう運転手さんを選んでいます」(前同)


先日のGWは、東京から高速で伊勢神宮にお参りへ

「行きも帰りも外でしました。車内でもしますけど、最近のSAって、公園や森林の散歩コースがあったりするので、プレイ場所には困りません。遠くに車の走る音を聞きながら、太い木を抱えて立ちバックで突かれるのが最高!暑くてお互い汗をいっぱいかいて、それでいっそう興奮しちゃうんです」

男性を気に入らない場合もあるが、そのときは「体調が悪い」と途中のSAで降りて、次のドライバーに"チェンジ"するというのだから、肉食っぷりも堂に入ったものだ。

次ページ >> ドライバーが体験!高速道路SA「仰天SEX事件簿」

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号